英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 A Hero (2021) を見た。カンヌ2021グランプリ『ヒーロー』

宣伝美術のイメージに反してシーラーズの庶民の日常を描いた作品で、とても面白かった。

聖書にもたびたび出てくる「取税人」のつらさを思う。
相手を信じてお金を貸しているのに、なんだか悪者になってしまうという...。
本作の「取税人」にはかっこいい娘さんがいてよかった。

椅子とテーブルがあるのに会食は地べたなの、面白いな。
あれを見て最後の晩餐がテーブルなのはおかしいよな、と思って少し調べたら、やはり当時あの文化的地域では低いちゃぶ台のようなものを使い、床に座って食べたという。
私は、日本の人さまの家で座卓(冬はこたつ)がテーブルと椅子に変わって「前のほうがよかったのにぃ」と思ったことが2度ある。
1人は祖母。ずっと大きな座卓にソファがあったのがあるとき帰省すると部屋いっぱいのテーブルに変わっており、室内の圧迫感が強い上、座れる人数が限られてなんだかゴタゴタしていた。
もう1人は年に2回ほど泊りがけで遊びに行っていた友人。こたつでグダグダできるのが本当に快適だったので、テーブルに変わり、軽くがっかりした。
でも、どちらも「テーブルのほうが座るのも食事の準備もラク」「家族が車いすになった」と、バリアフリー的理由。
人類は長命し、地面からより高くへと離れていくのである。

ラヒムが自ら盛り付けをしてお世話になった人に届ける食事、美しかった。
ラップとか何もかけないの。

この映画のテーマcreditに関して言えば、物語の中で一番のヒーローはタクシー運転手さんじゃないかな。
「信じる力」がすごい。
ラヒムの潔白の証明に奔走し、「イノセントな市民に何してくれるんだ」と主張する。
「刑務所に入ってた奴からお金なんてもらえない。この世は不公平だよ」と言って運賃を取ろうとしない。

マジで不公平なのよ、この世は。
それでも正直が最善の策よな...と確認させられた掌編だった。

ついでに連想した対話を。

「信じる」には圧倒的な迫力が必須
(中略)
内田: (中略)「あいつのどこがいいの」って人から言われたりする人間でも、僕にとってはいいやつなんだよ。僕は何でも信じちゃうし、すぐに「ハグ~」っていうふうになるから。その人としては僕にはできるだけいい顔を見せておくようになる。お互いにとって、そのほうがお得だと思うんだけどね。
名越: そうなんです。でもこれは疑り深い人が真似しようと思っても失敗してしまう。そこには信じる迫力がないからなんです。内田先生が、今「ハグ~」っておっしゃったけど、まさにそうで、相手とまずハグするぐらいの迫力が必要。しかも、ゴリラ的ハグみたいなバーンとしたものが必要なんですよ。
橋口: 信じるには、圧倒的な迫力が必要なんですね。
名越: すごく必要。「うぉーっ。友達ー!」みたいなね。
橋口: 敵をも抱きしめる、本当に強いヒーロー級のね?
名越: そうそうそうそう!(笑)


信じる力をどれだけ信じるか
(中略)
橋口: 私の場合の「信じる」は、根気なんですよね。例えば小学校の頃とか「うちにパンダがいる」とかって言い出した子の嘘なんて徹底して信じた。途中、自分の心が負けそうになっても「明日は会えるかもしれない。今日はたまたま家にいなかったんだ」とか思ったりして、もう必死に信じるっていう。で、親とか周りの大人に言うと「嘘に決まってんじゃないのよ」って言うんだけど、なんかその「嘘だよ」っていう時の大人の感じのほうが嫌だったのね。
名越: わかるよ。すごいわかる!
(中略)
名越: 仏法でも悪に対抗するのは、善心、大慈悲であるって言うけど、ほんとにあなたのは、善意で人のちょっとしたいたずら心をぶっつぶすよね。
内田: はははは。
橋口: 確かに嘘をついた友達、最後は「全部、嘘だった」って、ぐったりして泣きそうな顔で言った。
名越: 君、善意の怪獣! その子、信じられることがものすごく怖かったと思うよ。
(中略)
内田: 大きな仕事をしようと思ったら、皆で信じるっていうのが一番爆発的な力を持つからね。信じられた人も、みんなこれだけの信託を受けたら、もう引っ込みがつかないから、やらなきゃっていう気になる。信じられると人間は変わるんだよ。逆に誰からも信じられない人はますます信じることのできない人になる。信じるということのハードルを高くすればするほど、人間は不幸になるんだよ。
内田樹、名越康文、橋口いくよ著『価値観再生道場 本当の仕事の作法』より

日本では縁のなかったcredit scoreのシステムについてももっと知りたいと思った。

英語字幕で鑑賞。

トレーラー。

愛を実践するための瞬発力

これを読んで、最近とても印象に残って人に話しまくっている出来事について考えたのでメモしておく。

相手を楽しませるには、喜びをもたらすだけでは足りない。その中心には、大抵の人が見逃している核がある。それは「驚き」「意外性」だ。楽しませるには、予期せぬことをもたらさなければならない。

ローラ・ファン著、栗木さつき訳 『ハーバードの人の心をつかむ力』

誕生日の前日、トレジョに行った。翌日の旅行用の酒類の買い出しである。
レジでIDを求められて提示すると、スタッフさんが言った。
"Perfect. And happy birthday."
もうビックリして、わあ、どうもありがとう、と言うのが精いっぱい。
私が仰天して喜んでいるのを見てスタッフさんも会話を続けていいとふんだのだろう、明日はパーティか、などと聞いてきた。そこに袋詰めのヘルパーの人も来て、「えっ、今日が誕生日なの?」などと言ってくれたので私ももっとサービス(?)したくなり、「テメキュラに行くんだ」「ワイナリー?」「だといいんだけど、ホテルでしか飲めないから買い出しに来たの」と話す。
会計が終わり、スタッフさんはマスクの間から目をスパークジョイさせながら最後にもう一度「楽しい誕生日をね」と言ってくれた。

もうほんとうに楽しい気分で帰って、帰宅するなり家族以外にも3人に伝えた。

「IDの生年月日から年齢を確認する」というルーティンを私がやるとしたら、要注意の年だけ覚えておいて、年だけさっと確認して、きわどい年だったときだけ月日までチェックする、というやり方をすると思う。
誕生日の人が来ても気づかない可能性が高い。もし気づいても、おそらく私の身体は祝辞を伝えない。

でも、トレジョの彼には「明日が誕生日だ」と認識し、すぐにお祝いを言う瞬発力があったのだ。
普段から「誕生日の人が来たら声かけるぞ!」と構えていた可能性もあるけれども。

土地柄とか店の環境とかいろいろな奇跡の合わせ技でもあるが、彼はそれをとらえたのだ。
時によっては空気読めてない、ということにもなるだろうし、相手によっては「あぁ...どうも(個人情報に反応すんなよ)」程度にそっけない反応をされる可能性もある。

今回私が不意をつかれたのには当日ではなく前日だったこと以外にもうひとつ前提があって、前の年の誕生日、パンデミックでパーリーどころか人に会うのも外食もあり得なかったので、せめて他人に贈り物をしようと献血に行ったのだ(受けるより与える方が幸いである)。レッドクロスでは当然IDを見せるし、ことあるごとに誕生日を言わされるので、今日じゃん!おめでとう!と言われたら「パーティできないからせめてギフトをしようと思って~」と返しまで考えていた笑。結果、誰からも何も言われなかった...。
業務でIDをチェックするというのはそういうことなんだな、そりゃ見てるけど見てないよな、と理解したのだ。

そのとき「おめでとうって言われるかも?」とスケベ心を抱いたのにも、さらに前提があった。
その前に献血に行ったとき、事前検査をしてくれたRNさんが、私の生年月日がマシンに表示されるなり、Oh! と絶叫してウルウルし始めた。なんでも、白血病で亡くしたお姉さんと同じ誕生日だという。さらにもう1人お姉さんがいて、双子ではないのに彼女も同じ誕生日なのだという。「ちょうどさっきのドナーとの雑談で、姉2人の誕生日が同じだと話していたところだったから。ごめんなさい、emotionalになってしまって」。

( TДT) オロローン。

それは泣くって! お姉さんが天国からウインクしてる、って思うって!
帰りには"You made my day, bro!"と言ってくれた。

Likewise.

常々、人助けには瞬発力が重要だと思っている。頭で問題を認識したときにいかに早く身体を動かせるか。
何度か「あれ、助けるべきだった...」の後悔を経て、とりあえず合気道を習い始めたほどである。防御攻撃のワザではなく、身体に感覚を行き渡らせて、考えたことを即座に実践するすべを学びたかったのだ。
同じく、人をワクワクさせるのにも瞬発力が必要なんだと学んだ機会だった。

映画 Madres paralelas/Parallel Mothers を見た。『パラレル・マザーズ』

この映画がクィア・ライオンにノミネートされた(カテゴライズされた)のは疑問。
ハリウッドで評価が高いのも疑問。
たまたま数人マイナーな性的指向の人が出てきただけで、あくまで血縁の妙をテーマにして失敗した作品としか思えなかった。脚本が非常に粗雑。子どものガーディアンの変更が安易すぎる。スペインではあれでいいの?
最後の引用句なんか的外れもいいところ。「そんな話全然してなかったやん」と言いたくなった。

私は「この人がいいと言うなら見る」と決めている批評家が10人くらいいて、あまり一般オーディエンスの口コミは参考にしないので言うのだが、「LGBTやクィアカルチャーがテーマ」となったとたんに評価が甘くなる批評家が多いのよ。
クィアカルチャー、スピリチュアル、英国ピリオドドラマ傾倒がハリウッドのサイキなんだ(本作はスペイン映画だけどNetflixの資本が入っている)と言われれば、それはそういうものなんだろうなと思うのだけど、その高評価を参考にしてる私としては...。

同時に「できない女性も昇進するようになったら、かなり男女平等が達成されたと言える」という言説を思いだしたりもする。

個人的には、クィア・ライオンやクィア・パルムはいずれなくなったらいいと思ってる。
アカデミー賞の作品賞にアニメ『美女と野獣』がノミネートされたとき、「これはいかん」と長編アニメ部門が設けられたのは理にかなっていると思った。
でもこのクィアのカテゴライズは、グラミーにBTS対応のためにアジアンポップ部門が設けられるのに似た「本賞の対象になったら困ると?」感がわく。

赤ん坊の取り違えって今も時々起きて訴訟になったりしてるけど、本編のArturoみたいに「違う」とセンスしないものなんですかね。
とりあえずケアしてくれる人間を逃さぬ、という赤ん坊の生存戦略かな。親側にも、ここで描かれたように「先祖のどこかにの誰かに似てるのだろう」と思い込もうとする意識が働くのか。

まあ、ああして郵送でDNA鑑定ができなかった前史には実は血縁者ではなかった、それを母親だけが知ってる(あるいは彼女も認識していない)という例はさんざんあったと思う。
だから、日本の皇室について万世一系とかエグイこと主張し続けるのやめましょうよ。

ペネロペが化粧落とさないで寝てるの気になるわ~。シーツ汚れるやん。
マドリッドの路地裏は♥

英語字幕で鑑賞。

トレーラー。

映画 Licorice Pizza を見た。ポール・トーマス・アンダーソン 『リコリス・ピザ』

始まりは悪くなかったが、「セレブ」がちらほら出てきてガソリンが在庫薄になってくるあたりからドラマチックすぎて退屈という...。

この作品の評価が妙に高いのは、批評家のバックグラウンドの偏りでかさ上げされてるからだと思う。『ラ・ラ・ランド』のときと同じ。ここで育ってない私でもいつも聞いてるラジオ局の描写があって上がったくらいなので。

でも一般客はどうか。舞台は『ブックスマート』同様サンフェルナンド・バレー、エンシノ中心でホームもホームなのに、ジモティの観客が2時間くすりとも笑わないのはまずくないか? ユダヤ教徒ネタなんかちょっと内輪受けくらいしてもよくない?

70年代の設定で未成年の扱い、各種ハラスメントの描写は文化史としてさらっと見られてしまうのだけど、「日本人の嫁」の表象は例外的に危ういと思った。
先日たまたまSATCのシーズン3(1998年)を見返していたら、ホテルのロビーにいたキャリーがスーツ姿のアジア人男性に「いくら?」と声をかけられ、「日本人にフッカーと間違えられた!」とキレるシーンがあってドキンとしたばかりだったので。
事実はどうあれ、アジア人とかビジネスマンとかじゃなくあえて日本人と特定したの。
今の日本がhentaiと大人のオモチャの国だと思われているのと同じく、そう言わせるだけの「実績」があったのはよく分かるんだけどさぁ...。

アラナ・ハイム、素敵。
日本にもたくさん事例があるけど、ミュージシャンが演技をするといきなり出てきて名人というか、たいていうまいこと魅せるよね~。外国語習得が得意なのもそうだけど、身体がオープンで空気へのノリがいいんだ。

劇場はクリスマスで集った家族づれらしきでにぎわっていた。マチネ5ドル也。

ノスタルジアを引き出すのはやはり音楽。

トレーラー。

2021年 映画館または家で見た映画ベスト4

気に入った作品順。それぞれ、鑑賞日の日記にリンクしています。スケールは「ていうか、見たっけ?」以外文春シネマのを拝借。
4月以降、映画館で見られた作品には<映画館>のラベリング。

★★★★★ もう最高!ぜひ観て!!
私が見た映画の中では今年は該当作品なし。

★★★★☆ 一食ぬいても、ぜひ!
CODA 『コーダ あいのうた』<映画館>
Street Gang: How We Got To Sesame Street 『ストリートギャング』<映画館>
Drive My Car 『ドライブ・マイ・カー』<映画館>
『あのこは貴族』

★★★☆☆ 料金の価値は、あり。
Words on Bathroom Walls 『僕と頭の中の落書きたち』
The Power of the Dog 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』<映画館>
Passing 『パッシング』<映画館>
Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings 『シャン・チー/テン・リングスの伝説』
Language Lessons 『ランゲージ・レッスン』
SUMMERTIME 『サマータイム』
Nomadland 『ノマドランド』
King Richard 『ドリームプラン』<映画館>
The Lost Daughter 『ロスト・ドーター』<映画館>
17 Blocks 『17 Blocks 家族の風景』
Quo Vadis, Aida? 『アイダよ、何処へ?』
Final Account 『ファイナル・アカウント』
The Dig 『ザ・ディグ』<映画館>
Herelf (2020) 『サンドラの小さな家』
Spencer 『スペンサー』<映画館>
The Souvenir: Part II 『スーヴェニア パート2』<映画館>
Promising Young Woman 『プロミシング・ヤング・ウーマン』
Luzzu 『ルッツ』<映画館>
Some Kind of Heaven 『サム・カインド・オブ・ヘブン』
Hope/Håp (2019) 『ホープ 希望』
One Night in Miami 『あの夜、マイアミで』
Roadrunner: A Film About Anthony Bourdain 『ロードランナー』<映画館>
Licorice Pizza『リコリス・ピザ』
The Father 『ファーザー』
Shiva Baby (2020) 『シヴァ・ベイビー』
C'mon C'mon 『カモン・カモン』<映画館>
Test Pattern 『テストパターン』
Benedetta 『ベネデッタ』<映画館>

★★☆☆☆ 暇だったら……。
Minari 『ミナリ』
Bergman Island 『ベルイマン・アイランド』<映画館>
Eternals 『エターナルズ』<映画館>
Moby Doc 『モービー・ドック』
Sound of Metal 『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』
Time (2020) 『タイム』
The Mad Women's Ball/Le Bal des folles 『社会から虐げられた女たち』
Rose Plays Julie 『ローズ・プレイズ・ジュリー』
I'm Your Woman 『アイム・ユア・ウーマン』
The Card Counter 『ザ・カードカウンター』<映画館>
The Voyeurs 『観察者』
The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun 『フレンチ・ディスパッチ』<映画館>
There Is No Evil 『悪は存在せず』
The Inheritance 『ジ・インヘリタンス』
In the Heights 『イン・ザ・ハイツ』<映画館>
House of Gucci 『ハウス・オブ・グッチ』<映画館>
Ich bin dein Mensch/I'm Your Man 『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』
Limbo (2020) 『リンボ』<映画館>

★☆☆☆☆ 損するゾ、きっと。
Donna: Stronger Than Pretty 『ダナ ストロンガー・ザン・プリティ』
The Reason I Jump 『僕が跳びはねる理由』
Zola 『ゾラ』<映画館>
Flag Day 『フラッグデイ』<映画館>

☆☆☆☆☆ ていうか、見たっけ?
Thy Will Be Done: A Transsexual Woman's Journey Through Family and Faith

● その他、家で見た封切作以外の映画
2021年アカデミー短編ドキュメンタリー映画賞ノミネート作5本を一気見
A Courtship: Christian Courtship 『コートシップ』(信仰云々もそうなのだが、家庭の壁に南軍旗、兄弟間で発砲事故、白人だらけのイベントなど絵に描いたような赤州要素満載)★☆☆☆☆
The Trial of the Chicago 7 『シカゴ7裁判』★☆☆☆☆
Breakfast at Tiffany's 『ティファニーで朝食を』★★★☆☆(冒頭がすべて。「お金のためならあなたと結婚してもいい」「僕も」「お互い金なくてよかったね」)
Miss Potter 『ミス・ポター』★★★★☆
『この世界の片隅に』★★☆☆☆
The Sunday Sessions ★☆☆☆☆
My Zoe ★★☆☆☆
Our Friend 『Our Friend/アワー・フレンド』★★☆☆☆
The Kids Are All Right 『キッズ・オールライト』★★★☆☆
The Souvenir ★☆☆☆☆

ingoditrust.hatenablog.com
ingoditrust.hatenablog.com