英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 Les Misérables (2019) を見た。新『レ・ミゼラブル』

アカデミー国際長編映画賞ノミネート作。
フランス語講師のすすめで見る。といっても英語字幕をガン読みする。

ユニークな作品。冒頭と宣伝美術の大上段と比べ、事件は何と小さな世界で起きていることよ。

口の悪い人たちが怒鳴り合っているのに、Uncut Gemsと比べると全然毒が回らず、むしろさわやかでさえあるのは、使用言語のせいか、子どものせいか、アッラーの神のおかげか。
続々出てくる多分野の野郎たちに私の苦手なDV顔、ブチ切れ顔が1人もいなかったこともあるかなぁ。

私たちのフランス語講師のマダムは、「フランス語はゴミという言葉さえ美しいのだ」と言いながら、ゴミ、ゴミ、ゴミと何度も発音してみせてくれる。
アメリカに移住して長いようだが、パリへの望郷の念は強いようで、授業ごとにデモの心配をしている。
ついでにプライバシーに非常にセンシティブで、会話練習の流れで行ったことのある国を聞くのにも「あまりpersonalなことは聞くのは申し訳ないけれど」と前置きしたりする。

今回、英語字幕でフランス語作品を見て、このふたつの言語のもつ蔑称の豊かさ(?)とそれを日本語ローカライズする困難さについて考えた。
Motherf●cker、old c●nt、retard、birds●it...
どれにも笑いがわいた。後席にフランス語話者カップルが座っていたが、ほとんどはフランス語の流暢な客ではなかったはず。
フランス語・英語間の蔑称は文字どおり訳してもわりと機能するのだ。
これを日本語にしようとすると、マ●コ野郎とか、ノロマとか、バカモンとか、日本語ではそんなふうに人を呼ばないので不自然、というのはキャラクターが日本人でないことから差し引けるとしても、単に面白くなくなるのがね...。

ラストは好き。ある意味、安心した。

トレーラー。

映画 Invisible Life / A Vida Invisível を見た。カンヌ「ある視点」受賞『インビジブル・ライフ』

カリム・アイヌズ監督のカンヌ 2019「ある視点」部門大賞受賞作。
1950年代のブラジル。物語には突っ込みどころが多いが、画面の艶っぽさが魅力的な作品。

Guidaが死んだことを聞いたEurídiceや父親が、せめて直前まで彼女と一緒にいた人たちに会いに行こうとしなかったのが納得いかなすぎる。
実際にはGuidaはなりすましで死んでないので、そうすれば再会できたんですよ〜。

あと、音大のオーディションの場面では『ロンバケ』最終回の失笑コンクールシーンを思い出しましたね。
「ピアニストを志す人」の造形はもっとしっかりやってほしかったわ。

ただ、現代になってGuidaそっくりの孫には会えたわけで、二十歳になるかならないかのとば口でどんどん子どもを産み育てるのにも理はあるのだな、と思った。

トレーラー。

映画 Just Mercy (2019) を見た。『黒い司法 0%からの奇跡』←orz

ロースクールに限らず全米の大学で課題図書として最も多く取り上げられているという Just Mercy: A Story of Justice and Redemption
大坂選手と同じく、『ブラックパンサー』で「あの魅力的な悪役は誰?」と注目し始めたマイケル・B・ジョーダンが弁護士を演じるのも見逃せません(彼はインクルージョン・ライダーにもいちはやく賛同を示していました)。

司法における人種差別と死刑の問題が絡み合う物語だが、本編では死刑の実態を強調。
『クレメンシー』に続き1週間のうちにアメリカの死刑の変遷を見守ることになろうとは。
こちらで提示されたのは電気椅子の時代。アラバマではこんな最近まで『グリーンマイル』の手法が行われていたのである。

9人に1人が不正に処刑されている可能性ありとのこと。
まだ長い長い道のりだが、Equal Justice Initiativeの弁護士たちの笑顔に励まされた。
でもアメリカの正義ってプロボノに頼りすぎてるよなあと思う。
ブライアンみたいな法学生が大勢いるのは事実だし頼もしいことだけど、それを持ち上げた「いい話」や表象も多すぎるよな...。

重要な証言がアーカイブスの中から見つかるなど、民主主義の実践として普通のこととはいえ、記録採取と保管が徹底している点、まだアメリカには救いがあると思うのだった。
最近もボーイングの中の人たちが、問題の機種について「家族は乗せない」などと言っていたことが明らかになったが、それも全部記録されていて、公開されるのがすごくない?と改めて瞠目させられた(繰り返しになるが、普通のこと)。
もちろん、これが尋常じゃないシステムに思えてしまったのは、日本の文書シュレッダーかけまくり、隠しまくり、記録やめまくり、の現状が危険過ぎるからです。闘いましょう。

メモ、チャップマンがテレビでウソをつくのを見た奥さんの表情にめちゃ笑った。ワンシーンの出演だったと思うけど最高でした。

劇場を出るとき、早くも入場してきた次回の観客に向かって前の席にいたおばあさんが"This is a good movie"と声をかけていた。
入口でネタをばらしてしまうもぎりのCM ↓ 思い出してドキドキした。そういう心配はない映画だけど。

『黒い司法』のタイトルで原作の邦訳が出ていることをはじめて知ったんですが...
なんかもう別の作品みたい。
映画邦題にしても全然外している感じが。正義は奇跡であってはならないし。

ぜひ原書で。Kindle版がおとくです。

トレーラー。

ブライアンを紹介しようとして言葉をつまらせるデスティン・ダニエル・クレットン監督。TIFFで。

マイケル・ミーツ・ブライアン。あからさまな差別や蔑視を受けつつ、30年も闘い続け、笑顔を見せられる不屈の精神。
私なんか20年前に受けた人種差別で今でもクヨクヨすることがあるのに。せめて寄付するわ。

映画 1917 (2019) を見た。サム・メンデス監督 『1917 命をかけた伝令』

公開から日がたつのに、1人占めしたこともあるようなマチネ$6の郊外の映画館が満員だった。
ゴールデングローブ賞とったらしいし見とくか、と思った人が多いのかな、私みたいに...。

そりゃ戦争を生き延びても無傷では済まないよな、あとの人生も地獄だよな、ということはよく分かった。
今どきは殺傷もきれいな部屋でボタン押すだけだったりするから、むしろいいのか悪いのか。

脚本は良くない。
とりわけランスが死んでからは、ある兵士の1日という縛りのせいで、思い付きをせっせと羅列したような、とりあえず短時間に諸々詰め込んでみました、みたいな様相に。
フランス人女性と赤ちゃんに出会う、川流れにあう、兵士の歌になごむ、とかのシーケンスは特につくりものじみて陳腐。
ひとつひとつは悪くないのかもしれないけど、1日に次々起こりましたと言われるとハイハイとは受け取れません。

古いけど、『ポニョ』の水上で出会ったお母さんにスープをあげるシーンの違和感を思い出したな。
ヘルメットなしであれだけ着弾の中をダッシュしきれるのもねえ...。
むろん非常時だし、そんな劇的な1日はありえん、とは言わないけれど。

プロダクションデザインは素晴らしかった。ドキュメンタリー『彼らは生きていた ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド』で見たのと変わらない塹壕や遺体の山。

1/13追記、
1日縛りのせいで台無しやんと書いたが、考えてみれば、最近よかった『クイーン&スリム』など、多くのロードムービーをはじめとする短いタイムフレームの物語でも人工的だとは感じない作品はたくさんある。
その差はどこから生じるのか考えてみよう...。
ところでアカデミーオリジナル脚本賞にノミネートされましたねえ...。今回のノミニーの中では『パラサイト』『マリッジ・ストーリー』にあげてほしいかな。

トレーラー。

映画 Clemency (2019) を見た。アルフレ・ウッダード 『クレメンシー 恩赦』

私は19歳のときにアムネスティの活動に参加して以来、死刑制度に反対である。

一昨年、日本で新興宗教の関係者が一挙に処刑され、指示を出した閣僚がその夜に飲み会で盛り上がっていたという報道を読んだ。
心底おぞましいと思った。

この映画を見て、囚人だけでなく、その仕事をしなければならない人の人権を守るためにも、死刑はダメ絶対、と改めて。
同列にするのは適切ではないけれど、1人の人権を守るためには皇室は廃止したほうがいいと考える論理と同じ。

そして、今年こそ人権について学ぼうと決意。
3年前に、ドイツの子どもたちは全員学ぶという"Menschenrechte: Dokumente und Deklarationen (PDF)"をダウンロードしたまま放置しているので...。

子どもの頃、何の話の流れだったのか、「死刑囚の病気をわざわざ治療するの何で?」と聞いたことがあった。
母は「公平じゃないから」と言い、一応納得はした。
でも、天賦の性質であってもかくも「習わないと分からない」ものなのだ。

バーナディンはなぜこの職業を選んだのだろうな。

チャプレンの最後の励まし。

わたしは確信する。死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、力あるものも、高いものも深いものも、その他どんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスにおける神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのである。(ローマ 8:38, 39)

アンソニーの死の時刻は午後11時23分。そこに個人的に感じるところがあった。
監督に何か意図があったとは思わないけれど...。

皇室といえば、この記事を読んで「イギリスの偽善者たち、ざまあ見さらせ~」と思ったわ。メーガン&ハリー、めちゃ応援。
Black Britons Know Why Meghan Markle Wants Out

トレーラー。

中の人たちが大笑いしててホッとする、うう。よかった、みんな元気そう...。