英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 In the Heights を見た。『イン・ザ・ハイツ』

なぜAfro-Latinxがいないことにされてる?との論争ひとしきり、さめた目で鑑賞。
楽しかった。
よくこの長さで押し切った。マーケティングのプロセスにパンデミックが影響した?
プロットは少々理屈っぽい。

子どもが親の目なしにフラフラできない社会では、communityはできてもneighborhoodはできないかもなぁ、と考えていた。
つまり、全米もうダメ。
10年前にブルックリンに行ったとき、暗くなるまで子どもたちが路上で遊ぶ声が聞こえてきて、いいなあ、セサミストリートだなあ、と思いつつ、大人はいるのだろうかと懸念した。
2年前、大阪は淀川区に行ったとき、子どもたちが自分ち以外の場所に出入りしているのが通りかかるだけでも目に見えて、まだまだneighborhoodがイキイキしてるなあ、と思った。
ただ、だからといって安全なわけではないんだよね。日本で子どもを1人にしてはいけない法律はできなさそうだけど。

出先で時間を調べて都合のよかったシアターに行ったら7ドルだった。
だいぶ人員も絞っているようだった。
後席の老夫婦が停電のシーン以降しきりに鼻をすすっていて、映画館っていいな、と思った。

随分前から楽しみにしているスピルバーグのWest Side Storyの予告編も流れたが、ワクワクしないねえ、あれ...。
主役の2人どこ...。


トレーラー。