英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 Language Lessons を見た。ナタリー・モラレスの『ランゲージ・レッスン』

この題名は見に行かないわけにはいかない。
パンデミック・フレンドリーな佳作だった。カリニョもアダムもマチュアで素敵。

「あなたが思うところの私ってどんな人なの?」

はい、私も男に殴られたんだ...とまず思わされたよ。
実際、日本で会社員だったとき、自宅トイレでふらついて顔から転び、頬を派手にすりむいたことがあった。
翌日は会う人、会う人、ハッとした顔した後に見なかったふりされたからね。
思いやりとしてばんそうこうくらいつけてたほうが相手は聞きやすかったかもね。
終業時間頃にようやく「顔、どうしたの...?」って小声で聞いてきた上司がかわいかったですよ。
後になって喫煙所で噂になっていたことも知った笑

ドラマ『アフェア』がまざまざと描いていたけど、ほんとうにナラティブって人それぞれなんだよね。
眉毛の上げ下げから、そのとき履いていた靴、声の調子まで、「覚えている」ディテールが異なる。
それは事実(fact)ではないかもしれないけど、その人にとっての真実ではあるのがややこしい。

闘病を公表していなかったチャドウィック・ボーズマン。ある役者は現場のボーズマンを見て、身の回りの世話をやたら付き人にさせている、なんか勘違いしてるんじゃないか?とネガティブな印象を持ったのだそうだ。彼の病死をニュースで知ったときのショックといったら。「私は何も知らなかったんだ」
私たちにできるのは、決めつけてさばかないことだけだ。オープンに。オープンに。

カリニョが子供の頃マイアミに住んでいた経歴を話始めて、「もしや強制送還か?」と思ってしまったが(それも私のナラティブだ)、さすがにそこまで入り組んだ話ではなかった。航空券を買うくらいのお金もあったようでよかった。

2人とも事実上バイリンガルなので、言語の授業が触媒であるというフィクションに無理があり、言語失敗ネタをはさむ以上の面白さはなかったと思う。
本編でも茶化しているように音楽レッスンでも何でもよかった。

でも、教師と生徒の関係、物理的・心理的距離、2人ともそのバンデリーを意識できる程度に知的、オンラインで話している、という設定ゆえに、英語は口跡はっきり、スラングが少なく分かりやすい("Unprofessional"な酔っ払いトークでさえ)。英検準1級程度でほぼ100%聞き取れるはず。スペイン語がわからない人にとっては半分は字幕だけど。

Happy Hispanic Heritage Month!!!

トレーラー。

SXSWもオンライン。この違和感のなさ。