英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。Python、Ruby、JavaScript、神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

ある姉妹が「日本人」による性的虐待に勝利した話

覚書。いつか、もう少し想像力を広げて思いめぐらすことができるかもしれないので。

キリストが与えてくれた「ゆるし」の力を実践する集会に行った。
そこで、日系2世の女性が証をしてくれた。

彼女は子どもの頃、父親と伯父から性的虐待を受けていた。
父親に風呂場でされることが恐ろしく、伯父の家に遊びに行けば、伯父が布団に入ってくる。
うまく言語化できないながらも母や伯母に恐怖と不快を訴えるとまあまあ、と黙殺されたという。怒怒怒

残念ながらよくある話である。
が、私が複雑な印象を受けたのは、彼女がその鬼父や鬼伯父に言及するたび"Japanese" father、"Japanese" uncle、と言っていたからだ。

数世代前まで外国人という人がむしろ多数派のこの町で、彼女が鬼畜親が日本人であったことをあえて強調した理由は分からない。
無意識に言っていたのかもしれない。

私はそれを聞いて、
「やっぱり日本人ってやつはヘンタイで、性差別が激烈で、元従軍慰安婦を辱め、弱い立場の国に買春ツアーに出かけて...」とイライライライラした。
あれほどJapaneseと連呼していたので、ほぼアメリカ人と思われる他の聴衆の中にも「日本人の性的虐待親」を印象づけられた人も多かったのではないか。
私はアメリカに根を下ろす日系の先達たちに常に敬意を払い、実体験をもって感謝しているけれど、中にはヘンな奴も当然いて、それが悪目立ちしているのだ。

でも、私たちも日系人なんだよね。
日本人親の下にアメリカで生まれ、「日本人に虐待された」と認識している彼女にとってそれがどういうことか、想像もつかない。すごく苦しいかもしれない。

話がそれたが、彼女はキリストにあって自分の血縁者である2人の「日本人」をゆるす決意をした。
以来、悩みの種だった辛いフラッシュバックがピタリと止まったという。
傷を乗り越えて新しい家庭を築けたことが幸せだと涙ながらに語った。

これは彼女の勝利です。生涯を非人間のオッサンに渡さなかったのです。
でも、外野の私は今も腹立ってるし、ゆるせない、と思ってる。
簡単に死ぬんじゃなく、ものすごい恥をみてほしいと呪ってる。
J、弱い私を助けてください。

人をさばくな。そうすれば、自分もさばかれることがないであろう。また人を罪に定めるな。そうすれば、自分も罪に定められることがないであろう。ゆるしてやれ。そうすれば、自分もゆるされるであろう。(ルカ6:37)