英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 Clementine (2019) を家で見た。『クレメンティーン』

東京では何の理由づけもなしに6/1に映画館が開くらしいが、LAはまだまだ...。
みちみちに座らなければ話もしないし問題ないと思うけど、感染者の座った椅子に時間をおいて腰掛けた人が感染したこともあるので。

先日、初めて直接の知り合いが呼吸困難になって入院した。幸い退院間近だが、セレブから知人の知人、知人、友人...とだんだん現実が狭まってくるというのは本当だ。

というわけで再び、特定の映画館の収益になるプラットフォームで鑑賞。
https://clementine.vhx.tv/products/

悪くない避暑映画かなーと思って眺めていたら、転の部分から急に説明調になった。
途中で脚本家が交代したのかと思うほど、バランスがとれていない。

主演2人も目をひかない。
が、ラナだけでなくカレンも、カットによってものすごく年老いて見えたり幼く見えたりするのは興味深い。
「若すぎる」「もうトシ」の応酬も終始一貫したテーマなだけに。

あんなところでステイホームできたらいいだろうな。
コロナの時代は、葉っぱを回して吸うこともできなくなるね。

私の避暑映画ナンバーワン。作品としては駄作だが、ジョディ・フォスターが切ないから。
ただ、80年代映画特有の「そのシーンになるとボーカルが流れ始める」特徴について例外ではないので注意。

トレーラー。