英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。Python、Ruby、JavaScript、神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 Blinded by the Light を見た。ボス!『光に目もくらみ ブラインデッド・バイ・ザ・ライト』

80年代のイギリス郊外ルートンを舞台にした「アメリカ物語」。
tangibleなブルース・スプリングスティーン入門で、実に楽しかった。
受賞のスピーチでは、Javedくん(素晴らしいパフォーマンス。笑顔もいい)とまったく同じタイミングで涙がこぼれた。

やたらエスニシティにこだわるお父さん。
そのカウンターとして息子が「僕のアメリカンドリーム」という言葉を持ってきて機能していたのが良かった。
でもこれサッチャーの80年代ですからね。今はどうかと思うと...。今もこの文脈で活きるアメリカンドリームであってほしい。
入国スタンプが押されるシーンでは客席から拍手が。ボスのふるさとへようこそ!

最後の出発シーンさあ、また車がエンコして家族揃って門出を文字通り後押しする...のを期待したんだけど。
さすがにボツになったでしょうか。

Back to school(そう、このへんの学校は盆明け頃から新学期が始まるのです)ですっかり静かになった昼間の映画館で5ドルで鑑賞。

実は、私が初めてスプリングスティーンの作品にふれたのは Streets of Philadelphia で、この映画で紹介されたような一連の名曲、ヒット曲を超えて今でも一番好き。
3度は見た映画『フィラデルフィア』で知ったか、MTVから入ったかは忘れた。
彼の作風を全然知らなかった当初は「え、これ歌なの?つぶやきじゃなくて?」と思ったものだ。
ビデオもすごくいい。不安定感のある兄弟愛の街の詩情。
不穏なコード進行がHIV感染者の弁護士役のハンクスのまなざしと共にジワジワと。


ハンクスはアカデミー主演男優賞受賞。翌年は『フォレスト・ガンプ』で連続受賞。
90年代前半は、この2作を含めて『プリティリーグ』、『めぐりあえたら』、『アポロ13』と私の好きな彼の仕事が続々公開された。

トレーラー。