英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。Python、Ruby、JavaScript、神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 One Child Nation を見た。一人っ子政策の地獄『ワン・チャイルド・ネイション』

The Farewell を見た日の日記にも書いたが、中国共産党のやり方が現在も行われている宗教迫害と同じでえぐすぎ。
街のいたるところでプロパガンダのスローガンが目に入るようにする、一人っ子推進歌を京劇で披露する。
検閲が入っているとはいえ、家族の1人や2人は外国に移住しているはずで、多少は自分たちを外から見られるだろうに、いやもうなんであれで洗脳されるのか。
当時、人減らしに関わった人たちの「上からの指示でどうしようもなかった」っていうセリフも、最近キリスト教会を破壊した役人の言い訳と全く同じ!

怒りポイントは数あれど、最後の監督のこの指摘に尽きる。

「子どもに弟妹ができたらいいと思っているが、それについては自分自身で決めたい。
私は(中絶を強制されたり、頭数を合わせるために子どもの人身売買が行われたりするような)中国から、アメリカへ移住した。
皮肉なことに、ここでは中絶が禁止されている。(ここで観客から苦笑が漏れる)
共通しているのは、権力が女性の体をコントロールしようとしていること」

先日、ジャック・マーとイーロン・マスクが「これからの問題は人口減少だ」と言い合っていたが、
うるさいよ。
だから何?どうしようっていうの?である。

とにかく、体のことをあれやこれや指図されるのが許せないのはもちろん、
報告書にあらわれる日米の中絶数のおびただしさに溜め息をつきつつも、アラバマのような厳しい禁止にも賛同できないのは女は1人では妊娠しないからだ。
男はどこへいった、といつも思う。
なぜ女だけが人殺し!と悪者にされ、体をめちゃくちゃにされるのか。

だから、この中国の一人っ子政策時代も、2人以上産めば殺されたり、誘拐されたりする、それを「どうしようもない」と言うなら、男も自制すべきだったでしょう。
たとえ女性が「それでもほしい、こっそりつくろう」と懇願したんだとしても。

マスクとマーが語る少子化問題。これからの20年の人口減少は大問題を引き起こすんだとさ。知らんがな。
Elon Musk and Jack Ma agree: The biggest problem the world will face is population collapse

トレーラー。