英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。Python、Ruby、JavaScript、神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 The Farewell を見た。ルル・ワン監督 x オークワフィナ『ザ・フェアウェル』Based on A True Lie.

なんというオチ。さすが中国四千年の仕込みは違う。感動した。
客席からは苦笑にも安堵にも似た親密な声が上がり大拍手。
現時点で私の2019年暫定1位です。

冒頭、長春とNY間を飛び交う互いを思いやった言いつくろいの応酬から最後の「私がウソを言うはずないでしょ」まで、真実のウソがぎっしり詰まった100分間。
気づいたら笑っているのに泣いているのだ。

余命告知云々というプロットを聞いてまずエッ?現実味なくない?と思ってしまったのは、いつの間にやらアメリカだけでなく日本でも告知が普通になっているということなんだろうな。

日本だったら激甘になりそうな物語を、はしゃがず、ツボのピントを一切はずさず作り込んだ監督の手腕に感謝。
酒に酔って泣きじゃくる新郎、Chinese Way に沿う決意をして走るビリーの姿に心から共感した。

公開前から各所レビュワーたちがオークワフィナを大絶賛。
「自分がキャスティングディレクターなら、役柄の人種や国籍や性別が何であろうと、彼女を一番にリストアップする、だって演じられるんだもの」とまで言っていたが、彼女を見ていると、ダブルカルチャーを内包する人物の "Beauty" が文字どおり体現されていて興奮する。(美じゃないんです、Beautyなんです)

映画は本と同じく、誰かが見て初めて完成する、というか、人によって受け取り方が千差万別のはずだが、本作の映画館鑑賞体験では特にそのレイヤーが多重になっているように感じた。
中国語の台詞に人一倍笑う人、中国の「あるある」に共感する人、長春だけでなくチャイナタウンの風景に反応する人...。

ところで、外国とのつながりが大きいのに意固地に検閲バリバリ、でも大発展している不思議の国、中国について。
おじさんがビリーに「中国ではアメリカと違って個人は自分のものじゃないんだ、家族や社会の一部なんだよ」と諭す台詞がある。
(実は私たちキリスト者にとっても自分は自分のものじゃないんですけど、そこは置いておく)
でも、中国では天安門から30年たった今も、その「一部」に含まれていない人が大勢いることを忘れてはいけないと思う。
あの国には信教の自由がない。国家主席を信じない人にとっては地獄である。

この映画の家族は結婚式に党関係者も列席してるし、部屋には夫婦で人民服らしきを着た写真が掛かってるし、中国ではマジョリティとして生きてこられたほうなんだろう。
けれど、少数民族、キリスト教、仏教、道教などの宗教の信者に対する迫害は年々激化している。
ウイグル族の拘束については日本の一般紙でも報道されていたが、それは氷山の一角。
大勢の宗教者がびっくりするような手段で尋問、拷問、拘束を受けている。

現政権が寺や教会や仏像を壊す(政府が「アレ以外拝んじゃダメ」と言って東大寺を爆破するのを想像してください)。
信者の自宅に監視カメラを設置する。移動を制限する。逮捕して洗脳キャンプに何年も拘束する。

映画には、家族総出で先祖のお参りをし、墓を囲んで飲み食いしまくるという温かいシーンがあるが(何式の墓碑、拝礼なのかは不明)、キリスト者の場合は葬儀さえ妨害されたりする。

私が一番ひどいと思うのは、家族で連帯責任をとらせるやり口。
家に1人信者がいたら、家族のほかの人が就職できなくなったり、大学に行けなくなったりするわけ。
当然、家庭は崩壊する。

米国務省も毎年のように人権状況の報告書を出して中国を批判しているけれど、それを理由にした経済制裁などの措置はとれていない。

そう考えると、アメリカ映画とはいえ中国にお金が落ちているはずのこの映画もボイコットしなきゃいけないのかもしれないですね...。
関わっている人は誰も悪くないけれど、中国共産党に対する抗議として。
見られる映画がなくなるが...。

でも感激した勢いで早速、家族問題に悩む友人2人に「最高!見て!よかったらお供するし!」とテキストしちゃったので、多分もう一度見に行っちゃいます...。

中国語でアメリカって「美国」なんだよねえ...
米国と同じで読みの当て字ではあるけれどイメージに影響を及ぼすんじゃないかな。
日本語だって、行ったこともなくても愛蘭土って華憐な国だろうな、とか思うじゃないですか。略称「愛」だよ。

8/11追記、
別の映画館で違った客層と一緒に2度目の鑑賞。
見落としていたカット(中国の一瞬の暗部とか)、聞き落としていた言葉(「これからは1人でできなきゃいけないんだから」)に心揺さぶられた。
そして、私が何よりも見逃していたメッセージはエンドクレジットのテーマ曲。
誰もが知っている愛のうたを、英語でも中国語でもない言葉で聞くの。
刺激的なアートだと思いました(もちろん、イタリア語が分かる人にはまた別の意味をもって響くのでしょう)。
ルル監督ブラボー。

NYに戻るビリーたちの背後に流れるCome Healingのカバーもよかった。2度目でも涙が止まらない。

トレーラー。

オークワフィナ、いまいちコルベアとの相性は良くなさそうですねえ。顔パンパンだけど、前日飲み会だったのかしら...。