英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 Late Night を見た。エマ・トンプソンの『レイト・ナイト』ショー

喜劇の才媛、ベストセラー自叙伝、Is Everyone Hanging Out Without Me? を書いたミンディ・カリング脚本・出演作品。

驚きは一切なかったけれど、ライター業界モノの側面もあり、まあまあ面白かった。
最近だと『グリーン・ブック』で盛んに指摘されたwhite saviorをむしろネタにぶっ込んできた(ちょっと笑っちゃったけどあまり成功していたとは思えない)。
まだまだ、ハリウッドのdiversityの試行錯誤は続きます。

ミンディ・カリングは物語の中の役割も演技も薄味すぎた。

エマ・トンプソンの人物設定に無理な負荷がかかり過ぎ。
素で考えて、スタッフを番号で呼ぶような人物の番組が10年以上も続くわけがないでしょう。
でも彼女はステージの去り際の残心が宝塚スターみたいでカッコいいですね。

Honesty works. たとえ、ウソ八百を弾丸で吐き出すコメディであっても。

トレーラー。