英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。Python、Ruby、JavaScript、神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 Us を見た。ジョーダン・ピールの『アス』

不思議だ。妙な満足感がある。
最後のアイコンタクトは、それまで随所にちりばめられた少年の不審顔が一気に収束する計算の極致で最高でしたね。
面の奥の瞳が心から笑っていた。

サンタクルーズ、まさに宵のボードウォークに行ったことがあるが、寂寥感に胸がしめつけられて、あんまり好きになれない場所だなと思っていた。
1986年のシーンにそのときの気分がよみがえりました。

ルピタ・ニョンゴ一家2役がそれぞれ達者すぎる。子ども2人も末恐ろしい才能。
後に出て来た友人白人一家の演じ分けがメリハリなさ過ぎたので(特に父ちゃん2人1役やん)余計に際立った。

そして、今週末トレンド急上昇したと思われるエレミヤ書。
私もどんな仕掛けなのかとワクワクして聖書チェックしたのですが、普通過ぎて拍子抜けでした。
まあ、よく道端に立って伝道してる系の人をイメージしてるのだろうから、それがリアルなんだけどさ。ちょっと期待してしまったわ。

それゆえ主はこう言われる、見よ、わたしは災を彼らの上に下す。彼らはそれを免れることはできない。彼らがわたしを呼んでも、わたしは聞かない。(エレミヤ書11:11)

封切週、オリジナルホラー作品、R指定のオリジナル作品、3月期公開実写作品としては過去最高興収を叩き出し、予想以上の人気。
ピールの前作『ゲットアウト』『クワイエットプレイス』なんかがそうだったけど、普段はホラー興味なしの私が見に行った。
大ヒットするっていうのはそういうことなんだよね。

人々を恐怖に陥れるルピタ。彼女、ダッシュが超速かった。

トレーラー。