英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 Both Sides of the Blade / Avec amour et acharnement を見た。クレール・ドニ『ボス・サイズ・オブ・ザ・ブレード』

『ショコラ』『ハイ・ライフ』などに続く、クレール・ドニ x ジュリエット・ビノシュのコンビ作品。
マメシャトルの『ハイ・ライフ』はとにかく後味が悪かったのだが、本作はレビュワーの評価が異常に高かったのと、現代劇だということで(みんなマスクをしててほんとに現代だった)見に行く。

めんどくさい作品。好きではない。
フランソワーズの魅力のなさにイライラした。

2人の別れの描写は良かった。
さんざっぱらペラペラと嘘をつき合って、怒鳴り合ってきたのに、本当の最後には、ジャンが、サラの小さな動作を受けて「あ、もうダメなんだ」とあっさり悟る。

2人のダイアローグはシンプルで、仏検3級程度でかなり楽しめるのではないかと思う。
仏検、存続の危機らしいね...。

原作。著者のChristine Angotが脚本にもかかわっている。。

トレーラー。