英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 Petite Maman を見た。セリーヌ・シアマ『プティットマモン』

子どもが主人公のファンタジーながら一貫した突き放し感がひんやりするグリ―フケアの佳作。
『燃ゆる女の肖像』のセリーヌ・シアマ監督作品。

双子、ガニマタの角度まで同じで本当にDNAは驚異だよ。

鑑賞中、退屈したわけではないが、70分で終わるという事実に何度か安らぎを感じた。あんまり集中できてなかったということですね。

冒頭、ケアホームからの車の中で後部座席から母親にスナックを分けるシーケンスがすごくいいのだけど、チャイルドシートに座ってるのになんでそんなに手が伸びるの、と疑問。

トレーラー。