英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。Python、Ruby、JavaScript、神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

英語嫌い、勉強嫌いの英語教師が理解できない

中学英語教員、TOEIC「合格」わずか 疑問も
英語教員、TOEIC“合格”2割 京都府中学「資質」はOK?

京都に限らず、時々ニュースに上がる「公立校の英語教員が英語できない件」。

「(TOEICの)点数が高いから良い先生とは必ずしも言えない」、それはそうです。
でも、抜き打ちでもないのに、そのために勉強して合格ラインに達するくらいのことがなぜできないのだろう。
(まあ、抜き打ちでも、できてほしいけど)
得意(ですよね?)な受験勉強と同じ要領でやればそこそことれる類のテストだよ。
プライドないの?

英語力云々以前に、勉強する習慣、学び続ける姿勢がないから、「英語教員としての資質が問われかねない」のでしょう。
英語を教えられないことより、学ぶ喜びを伝えられないのはさらに終わってると思う。

英語も勉強も嫌いなのに英語教師になるのか... 人生つまらなそう...

私が教わってきた中高の英語の先生たち。
正直、「この人に英語の質問しても意味ないな」と思う人はいた。
でも、英語嫌いはいなかったよ。