英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

祝「エースをねらえ!」Kindle化

何がきっかけだったか「山、山に非ず、これを山という」という般若心経を思い出し、「エースをねらえ!」を読み返したくなった。
Kindle版ないかなーないだろなーと探しに行ったら、あった!
なんと7/10発売!

小学生の頃、街に初めてできた古本屋で「おメメキラキラの古い漫画」を買うのが流行った。
ベルばら派とエース派に分かれたのだが、私は「エースをねらえ!」のダイアローグの「頭いい感じ」にひかれた。

また、西高の生徒たちの大人なこと。
連載開始当時(私が生まれる前だ)の高校生はあんなに大人だったのだろうか。
一人一人が相手を思いやっているし、リーダーシップもある。
テニスを媒介に、教養とユーモアに満ちたセリフを吐く。
いったいどうなってんの。

私が好きなのは2巻と7巻。2冊を比べると後のほうはどんどん絵がうまくなる。

お蝶夫人とのダブルス!

冒頭の言葉は作中に出てくる。
たしか藤堂さんのセリフで、欄外に「球、球に非ず、これを球という」とも言える、と注釈が。

高校生の分際で?オーストラリア遠征!
また、オーストラリアの同士たちとの会話がいちいち賢い。
「桂離宮で感じたこと」を通じてテニスを語り出すのだから...


今、山本鈴美香さんのようなネームを書ける人がいるかというと、いないと思うのです。
昔は古本購入で終わったので、Kindle版購入できるのがとても楽しみ。