英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。Python、Ruby、JavaScript、神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

洋書50冊の先に何がある? 8冊目:Sara Craven ”The Price of Retribution”

8冊連続、女性作家のタイトル。
イギリスの作家のせいか、なんとなく見慣れない言葉が多く、ハーレクインにしては読みづらい。

ハーレクインは、男女のあり方の流行すたりや女性の欲望の移り変わりが見られて、
案外ばかにできないという読み手はいる。

確かにばかにはできないけれど、何冊も読むにはばかばかしい。
どうしても好きだったら英語で読めば「時間を無駄にしてない」という慰めになりそう。
同じような韓国ドラマをいくつも見るようなもの?
(私が唯一見たことのある韓国ドラマは、「冬のソナタ」最終話)

頻出語:rueful
Retributionはこの本で覚えたけれど、使えることあるかな?

50冊チャレンジ、難航中。
あれこれつまみ読み、新しい本が入ってきたらそちらを読み始めたりして、
なかなか1冊が終わらない。
それだけ"can't put down"な本に出会えてないともいえる。

ちなみに今年、和文のKindle本は既に何冊か読了した。
そんな電子書籍元年<ver和>だ。

第1回50冊計画は、10冊、100万語どまりで終わるのか!?