英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。Python、Ruby、JavaScript、神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 The Walkを見た。『ザ・ウォーク』

36度、猛暑の週末である。
そんななかグリフィスパークにハイキングに行くという酔狂をおかしたついでに、酔狂者が主人公の作品The Walkを見に行く。

WTC、NYCに捧げられた鎮魂歌。
One World Trade Centerオープンから1年、企画が素晴らしい。

後にニューヨーカーになるフランス人ワイヤウォーカー、フィリップを通して、"ニューヨーク"を描く。

B級顔のジョゼフ・ゴードン=レヴィットはフィリップ役にはまり過ぎ。得意のフランス語だけでなく、フランス語なまりの英語もソツなく。この人の生々しくない感じが、ファンタジーの中ではとても雄弁。

パリシーン、英語字幕を極力出さないためのギミックがちょっと邪魔だが、渡米後は彼らのフランス語が物語に地味に効いてくる。

フィリップのナレーションが狂言回しのベースながら、同じゼメキス監督の「フォレスト・ガンプ」ほどうるさくない。(「フォレスト」では、しょっぱな5分くらいで、「えっ、冒頭だけかと思ったら、このレベルのモノローグがずっと続くわけ?紙芝居かよ…」と思ったヒトは多いはず)

神聖な綱渡りが終わった後、「頼む、余計なエピローグを入れないでくれ…」と祈る気持ちに。
結果は、バッチリ。アニー、フィリップがうまいこと締めてくれるので、安心してご覧ください。

それにしてもエレベーターの運び入れシーンを見て改めて思ったけど、「ヒトが高層の建物にいるのは良くない」ってのは事実だわ。人体への影響については知らないけど、物理的にほぼ孤島状態で地上とのチャネルが細いんだよね…

私の友人にも当時、神さまに教えられて間一髪でWTCを離れることができた人がいる。高いの、良くない。
なんでまたバベろうと思ったのか、理解に苦しむ。
ニューヨークは、圧倒的な美しさを誇る現存の摩天楼を保存していくだけで十分なのに。

1つ前に見たジョゼフの映画。これもニューヨークラプソディでした。
実はルーパーを見逃したまま。本当にファンなのか?

今日のトレーラーは不作だった…。既に上映しているもので見たいものがたくさんある。覚え書。
Steve Jobs
99 Homes
The Martian