英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 Emily the Criminal を見た。『エミリー・ザ・クリミナル』

大変面白かった。
久しぶりに劇場で拍手が起こるのを聞いた。

冒頭、オーブリーの小鼻芸で一気につかまれ、シュールなエンディングまでもう「知ってる」風景ばかりで...。
エミリーもユセフもすぐ隣りにいるんだよね。

モチーフになっているのがどう見ても割に合わないセコい犯罪なのがいい。
銃もドラッグも出てこないのがいい。威嚇に使うのはカッターとペッパースプレーでナイフですらないのだ。

もう10年前になるが、当時郵送していたのを盗まれたのだろう、小切手を不正使用されそうになったことはある。
ニセ小切手の振り出しが検知され、即刻口座が凍結されたので(グッジョブ)、銀行の手続きの面倒はあったものの、未遂に終わった。
後で警察に聞いたところによると、容疑者は私の小切手を偽造してベビーシッターに600ドルを払おうとしてお縄になったんだそうだ。
なんだか気の毒になってしまった。

エミリーは絵が描けるし、2カ国語できるし、雇われにこだわらなければバックグラウンドチェックなしでできる高給の仕事、あったんじゃないかなー。
朱に交わること&金銭感覚を破壊されることに圧倒的な影響があるのは当然ながら、明日も不安なほどの極貧ではなく、「階層」の異なる友人を含めたコミュニティを持っているので、自分の状態をもっと相対化して見られそうだけど。
それもひっくるめてのあの選択ということか。

上映前、2019年にリサーチ・スクリーニングで見た映画の予告が出た。
劇場公開を大幅に延期したのは007やトップガンみたいなブロックバスターだけではないのですね。

【10/9/2022追記】
小切手詐欺で被害5千万ドル、50人以上が逮捕されたという記事が地域メディアに出ていた。
エミリーたちが関与したように、私がやられたようにニセモノを作るのではなく、郵便から盗んだ小切手を受け子に作らせた口座に入金するとかで、それならできそう〜と思ってしまった。10年前とは違い、アプリで画像撮影してデポジットできるようになってるし。いたちごっこだな。

トレーラー。