英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画『あのこは貴族』を家で見た。心強いシスターフッド

北村紗衣氏が面白かったと言っていたので、小説→映画を一気にさらう。
ワクチン2nd doseの後は具合悪くなった、1日寝込んだ、と言う知人が多かったので、ビビッて予備日にしていた今日、ひたすら水分を摂りながら見る。おかげで一切変調なしで24時間過ぎた。

小説も楽しかったけど、映画ははるかに良かった。
励まされるシスターフッド。私も一緒に「反対車線のあの子たち」に手を振りたい気持ちになった。
それこそ学生時代を過ごした東京に郷愁みたいなものを感じたのは初めてかもしれない。

止められない止まらない五輪に突っ込んでいくコロナ禍の中、「彼女たち」はどうしているのだろう、と考えた。

この映画の青木家がそうだけど、「あの方はお育ちが...」みたいなこと口に出して言う人は「貴族」じゃないよね。そもそも下品。
私は小室さんとメーガン・マークルに対して、「貴族」と「貴族」じゃないのに貴族側に立ってる庶民たちがキーーーーーってなってるのを愉快愉快と思ってる。
2人を超応援してる。メーガンはアンチの苛立ちをしぶとくお金に換えていくだろうし、小室さんは眞子内親王よりもずっと余裕を感じてると思う。NY楽しいしね。

そもそも人種差別主義者、女性蔑視者を大量に抱えたファミリーは全然ノーブルじゃないでしょう。高嶺こいてるんじゃねえわ。

イギリスは、ダイアナ妃の輿入れ以前からの不倫相手だったカミラ夫人が今では王室に入っているという事実に今でもアングリする。
あれを自分に許容できるのが貴族というものなのだ。
母親を愛していた子息としては、父親と義母を他人と思わないとやってけないと思う。
ウィリアム王子すごいよ...。

加勢してる庶民も理解できないんだけど、税金の使い道の不満とか?
だったら天皇制や王室に反対するほうが筋が通ってるんでは?

フィンガーボウルの水を間違って飲んでしまった庶民に恥をかかせないよう相伴する女王、みたいな本物の貴人って今もどこかに存在しているのだろうか。


この本、暴れる王室がめっちゃいい気味よ。アンジェリーノとしてもメーガンラブ。

トレーラー。