英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 The Assistant を見た。キティ・グリーン × ジュリア・ガーナー『ジ・アシスタント』

あるニューヨークルーキーの1日を綴った不思議な佳品。

ミネラルウォーターの封を切って冷蔵庫に入れるとか、詰まったコピー用紙を取り除くとか、彼女の手元はまるで自分の手元であるかのように既視感でいっぱいなのに、人形の家をのぞき込んでいるような現実離れした感触がある。
上着を机の一番下の大きな引き出しに丸め込むとか、リアル・オブ・リアルだよ。
入れ替わり激しい & 要職ではないポジションの引き出しはカラなんだよね。
他のエグゼクティブは、ちゃんとコートかけを使ってるわけ。

舞台っぽくもあるのは、ボスが一切顔を見せないからだろうか。
実はポスターを見てヨーロッパ映画だと思い込んでいたのだが、その広告表現が適切だったことが分かった。

スケジュールをプリントアウトし、小切手を手書きしているのはなぜだ。
スマホがなければ、いつの時代の話なのか考え込むとこだった。
でも、残念ながら舞台は今このときなのだ。

彼女の場合、日の出前出勤、日没後退勤なので、8時間を超えていると思われるけど、それにしても1日の労働時間て長いね。
ひたすら振り回されている彼女を見ているだけでくたびれた。

オフィスの外が再び暗くなると、すごくイヤな終り方をするのではないかという不安がわいてきた。
明朝もまた早いのだろうか。

入場時、もぎりのお姉さんに「はい、パラサイトね...あ、ちゃうわ...」と言われるなど。
今回の作品賞は、ちゃんと街の一般ムービーゴーワーの気分が反映された感があって嬉しかった。
少なくとも、アンジェリーノは1917じゃないぜ!と思っていた。
既にロングラン、ますますヒットしそうです。

2/17/2020追記、
『騎士団長殺し』(単行本の装丁がへぼい...ドロップシャドウ...)を読み終わったので、『みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子 訊く/村上春樹 語る』を再読している。
以下の記述は優れた芸術作品の共通要件だと思うが、この映画を想起させた。

本当のリアリティっていうのは、リアリティを超えたものなんです。事実をリアルに書いただけでは、本当のリアリティにはならない。もう一段差し込みのあるリアリティにしなくちゃいけない。それがフィクションです。
(中略)
フィクショナルなリアリティじゃないです。あえて言うなら、より生き生きとしたパラフレーズされたリアリティというのかな。リアリティの肝を抜き出して、新しい身体に移し替える。生きたままの新鮮な肝を抜き出すことが大事なんです。
(中略)
僕はただその人のボイスを、より他者と共鳴しやすいボイスに変えているだけです。そうすることによって、その人の伝えたいリアリティは、よりリアルになります。そういうのはいわば、小説家が日常的にやっている作業なんです。
―村上春樹

トレーラー。