英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。Python、Ruby、JavaScript、神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 Boy Erased を見た。あるコンバージョン・セラピーについて『ある少年の告白』

Beautiful Boyと同様、啓発映像。

市内の教会の2人の牧師から、AB2943に反対するよう議員に働きかけよう、というメールが届いたのは4月のことである。
Many of you have heard...と書かれていたが、いや聞いてへんし、と思って調べたところ、カリフォルニアで大人を対象とした有償のコンバージョン・プログラムを禁ずる法案が審議されていることを初めて知ったのだった。
個人的にはその動きについてよりも、どれほど自由な雰囲気の教会の牧師先生でも、一応は「ゲイは治る」と思ってるのか、ということに驚いた。

結果としてその法案が取り下げになったのはよかった。さすがに言論の自由に抵触すると思うし。
キリスト教の団体が、「議員は私たちの話に真摯に耳を傾けてくれた」と謝辞を出していたのにも安堵した。
ちなみに、マイナー(未成年)に通わせることは禁止です。念のため。当然!!
でもそれも全米半分の州に限られ、カリフォルニアでも2012年にやっと制定されたこと。
それまでには本編に出てくる少年少女のような多数の犠牲が積み重なっているはずだ。

この映画に描かれるセラピーを見ると、「神様やジーザスの名前を使わないで」と思わざるを得ない。
あまり聖書を知らない人が見て、「だからキリスト教ってやつは」と誤解されるのが一番かなしい。
基本として、人が人をさばくのをジーザスは良しとしていません。決して。
「罪をおかしたことのない人から石を投げなさい」の話のとおり。

同性愛についてジーザスは何も言っていないけれど、神は「男色はダメ」と何度も明言しています。
でも、隣人のLGBTQの存在が罪で「矯正すべき」とは思えない。神様ってできないことをやれと言うような方じゃないし。
それでも愚かな人間を救おうとジーザスを送ってくれたんです。

本当に神のこころに沿わないことって、神に近づくにつれ、気づいたら止めてると思う。
ずっと軽〜い話だけど、私の場合は救われてから、私を傷つける男、SNS、アルコール、エロマンガから自然と離れた。
人から何も言われなくても近寄りたくなくなった。

自分、神の宮だし、ジーザスと兄弟だし。めっちゃ自分大事にしなきゃ!と思うとね。

わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。(イザヤ43:4)

LGBTQ、に限らず、私たちすべての罪びとに対する神様の視線は、本編のニコール・キッドマンの視線に近いんじゃないかと思った。

強烈なゆるしと忍耐の眼差し。

開演前に、同じくルーカス君主演の同じく親子邂逅もの(ママはジュリア・ロバーツ)のBen is backの予告が流れたのは妙だった。
ちなみに私はその作品を楽しみにしている。タイトルからしてビブリカルじゃないですか!

原作。サバイブして36歳になった彼は、夫と共にNYに暮らしている。宣教師のお父さんとも仲良さげ。

トレーラー。

ニコールがルーカスに注ぐあたたかい眼差し。

TIFFには原作のConley親子も登場!お母さんめっちゃ嬉し泣きしてるし。