英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。Python、Ruby、JavaScript、神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

アメリカでは知られていないイシグロ。

イシグロ氏が今年受賞したのはBrexitの影響だろうなー。
彼は一貫して熱心な残留支持なので。自身の来し方をベースに主張されているのでとても説得力がある。

ついでに、彼は、戦後の日本が侵略者であったことを忘れ、南京大虐殺を忘れ、システマチックな健忘症であり続けてきたことも指摘している。
Kazuo Ishiguro: My Own Private Japan

ところで、木曜の朝、NPRのレポーターが「オメデトゴザイマース、アメリカでは知られていませんが…」と言っていた。
確かに「オメデト…」の出だしからして、彼を知らない感満載である。
そもそも、ノーベル賞というものが日本ほど認知されていなかったりする。
五輪と同じで、やたら盛り上がるのは日本だけ、かもしれない。

実際、イシグロ、ノーベル文学賞がどのくらい知られていないか。
今日書店に行ったら、全く取り上げられていなかった。
3店舗のみの中堅チェーンだが、書店員さんの手書きポップがあったり、ベスト10棚があったり、それなりにやる気のある書店である。
なのに、平積みコーナーにないどころか、フィクションの「I」の棚にThe Buried Giantが2冊、背ざしされてただけで探すのに苦労したがな。
商魂皆無!意識低い系!

いやこれ、ニューヨークだとまた違うとは思うのですが。

とはいえ、私もたまたま英語学に関心があっていくつかの接点があったために知ってただけ。

あべちん首相がわざわざ祝福コメント出してたけど… 彼も知らなかったかもね... あまり読書してなさそうというか、ナンなら本キライそうだし... せめて読んだことあったら、感想も盛り込んだよね。そこウソつかないのは正しいけどね。

結局、今日買ったのはこの3冊。
といっても書店内で密林検索して、Kindleで買うんである。
Kindle版がなければ考えるかもしれないけど、そういうことはアメリカにおいて書店に並んでいる類いの本に関する限りまずない。本屋さん、ヨドバシカメラみたいな使い方してごめんなさい。
とはいえ、これ全部アマゾンジャパンからも即座に買って読めるわけで、いい時代だよね。

1冊目。5人の女性のプリンストン卒1年目を追ったレポート。
ありきたり?ブログで探せばいくらでも「大卒1年目日記」は見つかるのでは?
もちろん。でもアメリカ人の多彩な身の立て方に私は特別興味を持っているのです。
うち1人がプログラマだというのも面白そう。

2冊目。メモワールコーナーで面出し。表紙にひかれて。18wheelerを転がすドライバーの目から見たアメリカ。
もうあらゆる側面から私の好きなテーマ。

3冊目。書店員さんのおすすめコーナーで表紙にひかれて。これも魅力的なトピック。
マリリンを直接知らない人が書いたものだけれど、彼女のストラスバーグ師事時代の記述に期待。
この本は小口のやわらかさが素敵で、家さえ広ければ紙で買うんだけどね…