英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

映画 The Wind Rises を見た。『風立ちぬ』英語吹き替え版

昨年LAではさんざオリジナルを見る機会があったのに、どうも腰が上がらず、
結局Joseph吹き替え版で。
「ひこうき雲」は日本語のままで一安心。

客層、私以外に日本人はおらず。
公開2週目だが、わりと人が入るものだなという印象。
やや業界人チックな会話も聞こえてきたけれど、
普通に映画好きみたいな車いすのお年寄りも数名。

見始めて、やっぱり日本語で見るべきだったな、と思うが、すぐ慣れる。
美しい描画を堪能した。

けど、全体的には何度も「ハイハイ」と言いたい感じだった。
「風」は監督のシグネチャーで、本作はまさにその集大成だが、
どこまで本気なのか自己模倣なのか計算なのか、「それどっかで見たわ」という場面多し。
キャラクターもあまり吸引力がない。
特に菜穂子はいなくていいし、最後に"You must live"と言い残して昇天するところは蛇足のきわみ。

(ふと思い出したのだが、高校のとき「菜穂子」で読書感想文書いた)

結局、最も印象に残ったのはエピグラフだけ。
"The wind is rising. We must try to live."
定番の和訳はすばらしいなと改めて思う。

Josephはフランス語堪能だからという理由で選ばれたのだろうか。。。