英語あそびなら天使の街

在L.A.言語オタ記。Python、Ruby、JavaScript、神さまのことば、天から目線の映画鑑賞日記。

私、社長ではなくなりました。

昨年は"Eat, Pray, Love"を読了したかったが、果たせず。
年末年始は雪とたわむれていた。
それから、年の変わり目には睡眠中だったorz
夜中まで起きられる歳になって以来、初めてのことだ。

アメリカでは日本ほど正月がヘビーじゃないのと、
時差がありすぎて、「新年0時なんて、地域によって違う」という事実の実感が大きく、
レア感の希薄さも、「寝てしまった」一因だと思う。

で、新年1冊目は和書。
ワイキューブ元社長の「敗軍の将、兵を語る」。

この本を手にとったのは他でもない、
新卒採用試験を受けたことがあるから。

この本にもあるように、かなり派手に採用試験を行なっており、
私も何の会社だかよく分からないままフラフラと説明会へ。


で、さらによく分からないままフラフラと受験。
集団面接の担当だった社員さんが、非常にリクルートっぽかったのを覚えている。
受験者は男女5人ほどだったのだが、
そのうち1人の男子がワイキューブにメロメロのようで、
帰り際に「ほんと、すばらしい方たちですよね!」と目をキラキラさせていたのも印象深かった。
(あの後、入社できていたならいいのだけど)

その後、連絡はなかったような気がするので、ご縁がなかったのだろう。
私もほどなく他社から内定を得て、特に追いかけなかった。

でも、あの説明会に、私はなんだか励まされたのだった。
派手なプレゼンに笑い(ちゃんと三段落ち構成だった)、
元気な「先輩方」の声に刺激を受け、
社長のやる気あるんだかないんだか分からないお話を拝聴し、
黒服の私たちはちょっとリフレッシュされた。
約半年間のシューカツの中でも、非常に記憶に残っている。(10ン年たった今でも)

で、おそらく二度と読み返さないのだが、
Kindle本は「売る」という始末ができないことに、はたと気づくのであった。